主旨

 熟達化研究の第一人者であるフロリダ州立大学教授のエリクソン博士の来日を期に、為末大氏や杉山愛氏ら、日本のスポーツ界を代表する方々を交え、「努力か?才能か?」をテーマにスポーツにおける熟達化シンポジウムを開催します。

 特に様々な分野(スポーツ、音楽、医学、チェスなど)での熟練過程において注目されている「Deliberate Practice」を長年研究しているエリクソン氏の理論をもとに、アスリート、選手育成、また関連研究の立場から各方面の方々にご登壇いただき、世界で勝てるトップアスリートになるために必要なのは才能なのか?努力なのか?また、2020年に向けて日本のスポーツ界はどうあるべきか?など、研究としての理論的枠組みのみならず、実践的な応用も視野に入れたパネルディスカッションを予定しています。


Generic placeholder image

Dr. K. Anders Ericssonについて:

ノーベル賞受賞者であるHerbert Simonのもとで人間の意思決定、認知過程、熟達化などを研究し、ベルリンの音楽アカデミーでのバイオリニストの研究などにより「Deliberate Practice」理論を確立しました。この「Deliberate Practice」は、チェスや外科手術、様々なスポーツ競技の熟達者が20歳になるまでに1万時間、さらに10年以上経験しているという練習であるという結果があります。近年アメリカなどでベストセラーとなった「Outlier」や「Talent is overrated」などの著書でも取り上げられ、研究のみならず様々な分野での学習者の興味をひきつけています。今回のシンポジウムは、エリクソン博士の貴重な来日に合わせて企画されたものです。


講演内容

The Acquisition of Elite Sport Performance and Deliberate Practice:
Implications for Effective Training

by K. Anders Ericsson
Department of Psychology, Florida State University, Florida, USA

Recent research in many domains of expertise, such as chess, music, medicine, and sports, shows that most forms of experience have surprisingly limited benefits for enhancing performance, once an acceptable level has been attained. For example, some of us know recreational golfers who haven’t improved after decades of active playing. In contrast, research on expert performance demonstrates that some types of experience, such as focused appropriate training activities--deliberate practice--can dramatically change the human body (enlargement of hearts and arteries and growth of capillaries) and brain (myelinization), and over extended time modify virtually all characteristics relevant to superior performance, with the exception of body size and height. Recent research has helped identify how genes are activated by sustained deliberate practice during various periods of skill development and physical maturation. The acquisition of elite sports performance also requires mechanisms for integrating and coordinating changes of performance components. This monitoring is achieved by refined mental mechanisms that afford experts increased control over their performance as well as for refining aspects during their continued advanced practice. Motivated future elite performers need to be guided by teachers to acquire fundamental skills and then engage in a sequence of appropriate deliberate practice activities to build their skills and physiological adaptations.


シンポジスト・スタッフ

*変更される可能性があります

特別ゲスト

Generic placeholder image

K・アンダース・エリクソン

フロリダ州立大学教授

View details »

スポーツ関係者

Generic placeholder image

為末大

陸上

Generic placeholder image

杉山愛

テニス

Generic placeholder image

水鳥寿思

体操

Generic placeholder image

山縣亮太

陸上

Generic placeholder image

坂田淳二

アイスホッケー

Generic placeholder image

平野一成

JOCエリートアカデミーディレクター

研究者

Generic placeholder image

銅谷賢治

脳科学者

Generic placeholder image

万小紅

脳科学者

Generic placeholder image

北村勝朗

スポーツ心理学者

Generic placeholder image

今井むつみ

認知科学者・教員

Generic placeholder image

永野智久

スポーツ心理学者・教員

モデレータ

Generic placeholder image

加藤 貴昭

スポーツ心理学者・教員


スケジュール

時間 内容
14:30 開場
15:00-15:10 開会の挨拶
15:10-16:10 Dr. K. Anders Ericsson講演
16:20-18:20 パネルディスカッション
「才能とは何か?」
「2020年に向けた育成」など
18:20-18:30 閉会の挨拶

参加登録

対象者: 一般のスポーツ競技現場に関わる方々、研究者、学生、計800名程度

参加費: 無料(事前登録あり)

登録はこちらへ

「スポーツにおける熟達化シンポジウム」は終了しました。
ご来場いただき誠にありがとうございました。


アクセス

慶應義塾大学三田キャンパス西校舎ホール


住所・電話番号
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
部署別お問い合わせ先はこちら

交通アクセス
・田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分
・三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分
・赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩8分

詳しくはこちらへ
Googleマップ

Generic placeholder image Generic placeholder image

主催

慶應義塾大学加藤貴昭・永野智久・水鳥寿思研究室

共催

慶應義塾大学SFC研究所
湘南藤沢学会
ABLE(今井むつみ研究室・東京コミュニティスクール)


問い合わせ先

hpl-web@sfc.keio.ac.jp



ポスター