人間工学

ドライビング班

モータースポーツの枠を超えた範囲で多角的にパフォーマンスを検証し、他のスポーツとの比較を行うことでモータースポーツの固有性や独自性を調査する。
>MORE

ヘルスケア班

高齢者でも気軽に行えるeSports(太鼓の達人)などのアクティビティ用いて、高齢者の認知機能、ウェルビーングの検討、最適な環境設定、さらには地域コミュニティの形成を目指す。
>MORE

知能班

熟達者の特性である自己調整学習における個人差に着目することで、競技者の熟達要素を明らかにした。熟達要因の分析を行うにあたって、スポーツを題材とし人間のソフトウェアな部分である「知性」や「知覚認知スキル」に注目し、言語情報や眼球運動のデータを扱う。
>MORE

カラコン班

カラーコンタクトの認知度をあげるために効果的な広告に着目し、消費者が抱く各種印象、見られやすい項目、WEBサイト上での視線・行動特性について検証し、新たな提案を目指す。
>MORE

スポーツ科学

野球班

「見づらい」投手の動作に関して、主観的評価と動画解析を元に「見づらい」投手を定量化し、打者によって見づらいと評価される投球条件を明確化する。また、フォーム習性の指導の指標の作成を行う。
>MORE

知覚班

各競技において無意識化で行われる特有の視覚探索パターンがあると考えられる。そこで、各競技の視覚特性を定量的に計測することで、そのスポーツに特化した視覚探索パターンを明らかにし、アスリートへの適切な「目付け」の指導により、予測能力向上において、明確なアプローチを行うことを目指す。
>MORE

High Performance班

スポーツをはじめ各種競技のプロ選手へのヒアリングを行い、共通項を見つけ出す。GRIT・BIG5等の調査法を用いて、幼少期・青年期を過ご仕方が与える影響、プロフェッショナルになるために必要な要素を考察する。
>MORE

esports班

エキスパートの「熟練技術」という定性的な対象を定量的に分析するために、今後のesports研究の土台と成るに相応しいより信頼性の高い有効な指標を作成する。
>MORE