グループ名 知能班
研究題目 熟達要因の分析〜自己調整学習に注目して〜
機材 スポーツ版自己調整学習、青年・成人用ライフスキル尺度、TIPI-J、知能観IAT
実験環境 教室
被験者 スポーツ経験者
キーワード 自己調整学習、熟達、スポーツ、知能、知覚、認知スキル
内容 熟達者の特性である自己調整学習における個人差に着目することで、競技者の熟達要素を明らかにした。熟達要因の分析を行うにあたって、スポーツを題材とし人間のソフトウェアな部分である「知性」や「知覚認知スキル」に注目し、言語情報や眼球運動のデータを扱う。